メッセージ

『子どもと楽しむ行事とあそびのえほん』
すとうあさえさんからのメッセージ

 日本には四季折々の行事があります。
息子たちが小さかったころ、あたりまえのように、春は桜の下でお花見をし、夏は七夕の短冊に願いごとをかき、秋はすすきをかざって満月を見上げ、冬は冬至にゆず湯に入ったりして、季節の行事を楽しんできました。
 ところが、ある日ふと思ったのです。なぜお花見は桜なのかしら。なぜ、端午の節句にしょうぶ湯にはいるのかしら。少しずつ調べてみました。
 すると、季節の行事には、祖先たちから受け継がれてきた自然への感謝と共生への願いが、脈々と流れていることに気づきました。そして行事のひとつひとつに、自然とからんだ小さな物語があることを知りました。
 私はこのことを子どもたちに知ってもらって、自然ともっとなかよくなってほしいと思いました。
 たしかに今、都会の土はコンクリ―トの下にかくされ、空はたちならぶビルに四角く区切られています。しかし、土も空もむかしのまま、変わらずにちゃんとそこにあります。
 土にふれ、空を見上げ、風のあたたかさや雨のにおいを感じたり、木の葉のそよぎや木もれ日に気づいたり、早起きして朝焼けの空をながめたり……遠いむかし、同じ大地に立っていた人たちと同じ感覚を、私たちも五感で感じることができるのです。
 この小さな絵本には、季節の行事のお話と身近な自然のあそびがたくさんつまっています。行事によっては由来にさまざまな説があり、どれを紹介したらよいのか迷うこともありました。そんな時、私は母や叔父など、まわりにいる年長者の意見を参考にしました。ですからかなりわが家流です。
 この絵本を手にとってくださったみなさんも、ぜひそれぞれの家庭の味にアレンジして、季節の行事やあそびを楽しんでください。そして、さいとうしのぶさんが描いてくださった家族といっしょに、自然と共に生きることのすばらしさを感じてもらえたらうれしいです。


すとうあさえさんの本

子どもと楽しむ行事とあそびのえほん

すとうあさえ・文
さいとうしのぶ・絵
定価:1300円(税込)

もっとくわしく