『なぞなぞあそびえほん』

角野栄子・文
長谷川義史・絵
定価:1200円+税
ISBN:978-4-931129-51-1
サイズ:15cm×15cm  対象年齢:4歳から
2009年11月

角野栄子さんのつくったリズミカルで歌のような楽しいなぞなぞと、長谷川義史さんの、おおらかでユーモアあふれる絵がついた、ゆかいななぞなぞの絵本です。

画像をクリックすると拡大画像がポップアップします。

著者紹介

<文>

角野栄子

東京都出身。2年間のブラジル滞在後、童話や絵本の創作を始める。『わたしのママはしずかさん』(偕成社)と『ズボン船長さんの話』(福音館書店)で路傍の石文学賞、『大どろぼうぶらぶら氏』(講談社)で産経児童出版文化賞、『魔女の宅急便』(福音館書店)で野間児童文芸賞、小学館出版文化賞、JBBYオナーリスト賞を受賞。その他の作品に「アッチ・コッチ・ソッチの小さなおばけ」シリーズ(ポプラ社)『なぞなぞあそびうた』『なぞなぞあそびうたU』(のら書店)など多数。

<絵>

長谷川義史

大阪府出身。グラフィックデザイナー、イラストレーターを経て、絵本の創作を始める。『おたまさんのおかいさん』(解放出版社)で講談社出版文化賞絵本賞を受賞。『ぼくがラーメンたべてるとき』(教育画劇)で日本絵本賞、小学館出版文化賞を受賞。その他の作品に『おじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃんのおじいちゃん』『おへそのあな』(BL出版)「いいからいいから」シリーズ(絵本館)『てんごくのおとうちゃん』(講談社)『うえへまいりまぁす』(PHP研究所)など多数。