『なんかのケロくん』

楽しい絵童話!

山下明生・作
あべ弘士・絵
定価:1300円+税
ISBN:978-4-931129-53-5
サイズ:A5正寸  対象年齢:4歳から
2010年6月刊

「なんかほしい」「なんかしたい」「なんかうれしい」
「なんか」というのがくちぐせのかえるのケロくんの、ゆかいな3つのおはなし。子どもの姿をみずみずしく描いた、ユーモアあふれるお話と、のびやかで楽しい絵が魅力の絵童話です。

画像をクリックすると拡大画像がポップアップします。

著者紹介

<作>

山下明生

1937年、東京都生まれ。広島県能美嶋で育つ。京都大学文学部卒業。出版社勤務後、児童文学作家、翻訳家として活躍。『海のしろうま』で野間児童文芸賞新人賞、『海のコウモリ』で赤い鳥文学賞、『カモメの家』で路傍の石文学賞、野間児童文芸賞、『はんぶんちょうだい」で小学館文学賞受賞。その他の作品に『かいぞくオネション』『はまべのいす』「うみぼうやのぼうけん」シリーズなど多数。翻訳に「バーバパパ」「カロリーヌ」シリーズなどがある。

<絵>

あべ弘士

1948年、北海道生まれ。1972年から25年間、旭川市旭山動物園飼育係のかたわら、絵本画家として活躍。現在は退職し、創作活動に専念。『あらしのよるに』で講談社出版文化賞絵本賞、産経児童出版文化賞JR賞、『ゴリラにっき』で小学館児童出版文化賞、「ハリネズミのプルプル」シリーズで赤い鳥さし絵賞、『どうぶつゆうびん』で産経児童出版文化賞ニッポン放送賞を受賞。その他の作品に『エゾオオカミ物語』『かわうそ3きょうだい』など多数。