『森の小さなおはなし 雨の日のせんたくやさん』

にしなさちこ・作
定価:1300円+税
ISBN:978-4-905015-26-0
サイズ:22×16p  対象年齢:小学中級から
2016年4月

空の青色にあこがれるねずみ、どんぐりの実をまちこがれるりす、
えだにのこった葉っぱを気づかうはりねずみ、
雨の日だけお店をひらくかたつむり……
森のかたすみでくらす小さな生きものたちの、ちょっとおかしくて心にひびく6つのおはなしです。
朝読にもぴったりの1冊、ぜひお手にとってお楽しみくださいませ。

メッセージ

画像をクリックすると拡大画像がポップアップします。

著者紹介

<作>

にしなさちこ

山梨県大月市に生まれる。多摩美術大学卒業後、日本デザインセンターで永井一正氏のもとアートディレクターとして活躍。その後独立して子どもの本の世界に入る。小学館童画大賞、メキシコ国際ポスタービエンナーレ展、スイスグラフィスポスター展、ADC賞などに入賞、入選。『★星ねこさんのおはなし★ちいさなともだち』(のら書店)でひろすけ童話賞受賞。おもな作品に「ハリネズミとちいさなおとなりさん」シリーズ(フレーベル館)、『よるがきらいなふくろう』『くもばんばとぎんのくつした』(以上偕成社)、『のねずみポップはお天気はかせ』(徳間書店)など多数ある。2016年現在、大月市立図書館館長をつとめている。