『こねこのミヌー』

きしだえりこ・やく
フランソワーズ・さく
定価:1300円+税
ISBN:978-4-931129-45-0
サイズ:26×21cm  対象年齢:3歳から
2005年刊

女の子はいなくなった子猫を必死でさがしまわりますが、見つかりません……。世代を越えて愛される、フランソワーズのあたたかく、親しみやすい絵本です。

メッセージ

画像をクリックすると拡大画像がポップアップします。

著者紹介

<やく>

きしだえりこ

東京に生まれる。東京芸術大学油絵科卒業。詩人、童話作家。「かえってきたきつね」で産経児童出版文化賞大賞を受賞。絵本に「かばくん」「ジオジオのかんむり」「きょうのおべんとうなんだろな」、子ども向けの詩集に「へんなかくれんぼ」「木いちごつみ」「かぞえうたのほん」、詩集に「ソナチネの木」「いそがなくてもいいんだよ」、エッセイ集に「風にいろをつけたひとだれ」「草色の切符を買って」などのほか翻訳の童話や絵本も多数ある。

<さく>

フランソワーズ

1897年、フランス生まれ。パリの児童と初出版社につとめた後、アメリカに留学。アメリカで多くの絵本を刊行する。絵本に「まりーちゃんとひつじ」「まりーちゃんのクリスマス」(以上岩波書店)「まりーちゃんとおおあめ」(福音館書店)「まりーちゃんとおまつり」「コレットちゃんはおかあさん」「ロバの子シュシュ」「ねずみのちょびちょびサーカスのスターになる」「みみちゃんとヤギのビケット」「たのしいABC」(以上徳間書店)などがある。ニューヨークタイムズ紙年間絵本賞、ニューヨークヘラルドビューン紙賞などを受賞。絵を描くことが生涯の喜びだった。1961年没。