『みんなともだち』

灰谷健次郎・文
坪谷令子・絵
定価:1400円+税
ISBN:978-4-931129-07-8
サイズ:24×19cm  対象年齢:5歳から
1986年刊

あたらしい保育園に、たくさんの動物がやってきました! 動物とのふれあいをとおして成長する子どもたちの姿を描いた、たのしい保育園のものがたり。

画像をクリックすると拡大画像がポップアップします。

著者紹介

<文>

灰谷健次郎

神戸に生まれる。17年間の小学校教師生活ののち、執筆にはいり、「兎の眼」で日本児童文学者協会新人賞を、「ひとりぼっちの動物園」で小学館文学賞を受賞。1983年、神戸に「太陽の子保育園」開園。主な作品に、「太陽の子」「海の図」「少女の器」などがある。1979年、「兎の眼」「太陽の子」などの作家活動に対し、第一回路傍の石文学賞を受賞。

<絵>

坪谷令子

神戸に生まれる。小学校の美術教師として子どもたちの表現の仕事にかかわり、その後子どもの本の世界にはいる。神戸「太陽の子保育園」設立同人のひとりである。灰谷健次郎氏との作品に、「せんせいけらいになれ」「いえでぼうや」「ふたりはふたり」「うみにあるのはあしただけ」「海になみだはいらない」「島物語」シリーズなどがある。