『くまのこ まこちゃん』

神沢利子・さく
片山健・え
定価:1100円+税
ISBN:978-4-931129-10-8
サイズ:22×16cm  対象年齢:4歳から
1994年刊

まこちゃんは元気なくまの女の子。豊かな自然のなかで幼い日々を過ごすくまの子ののびやかな生活を、あたたかな文と絵で描いたおはなし。

画像をクリックすると拡大画像がポップアップします。

著者紹介

<さく>

神沢利子

1924年、福岡県に生まれ、樺太で幼少期を過ごす。文化学院文学部卒業後、詩、童謡、絵本、童話、長編、と幅広い分野で活躍している。「いないいないばあや」で日本児童文学者協会賞を、「タランの白鳥」で産経児童出版文化賞大賞を、「おめでとうがいっぱい」で日本童謡賞受賞のほか、路傍の石賞、モービル児童文学賞などを受賞。絵本に「ゆうちゃんのゆうは?」「たまごのあかちゃん」、童話に「くまの子ウーフ」「ふらいぱんじいさん」「くまのこまこちゃん」「まこちゃんともりのおくりもの」、子どものための詩の本に「おやすみなさいまたあした」「おめでとうがいっぱい」など多数の作品がある。

<え>

片山健

1940年、東京に生まれる。武蔵野美術大学商業デザイン科卒業。「タンゲくん」で講談社出版文化賞絵本賞を、「でんでんだいこいのち」で小学館児童出版文化賞を受賞。
絵本に「おやすみなさいコッコさん」「だーれもいない だーれもいない」「むぎばたけ」「たのしいふゆごもり」「おばあさんの青い空」など。画集に「美しい日々」「迷子の独楽」「いる子ども」、エッセイ集に「わたしの遠足日記」などがある。