書評情報

紹介された本
リックのおへや

掲載誌
MOE2008年10月号

コメント等

MOE2008年10月号の「MOEおすすめ新刊絵本」のコーナーで、『リックのおへや』が紹介されました。「ママのポケットから初めて外に出たリック。友だちのクマやウサギたちの部屋に遊びにいきまし。ふかふかベッドや大きな窓、みんなの部屋もすてきだけど、やっぱり自分の部屋が一番! だってね……。ゆっくり成長を見守るような、色鉛筆のタッチが優しい。」と、丁寧に紹介していただきました。


紹介された本
リックのおへや
どいかや・さく 

掲載誌
ダ・ヴィンチ 2008年9月号

コメント等

ダ・ヴィンチ 2008年9月号、今月の注目の本の欄に、「『チリとチリリ』で人気のどいかやの新刊。リックは、小さなカンガルー。ママのポケットから出て初めてともだちの部屋にあそびに行くことに……。初めて出会うものに目を輝かせる子どもの姿と、それをみつめる母を描いたあたたかくほほえましい絵本」と紹介していただきました。


紹介された本
のねずみチッチ
ふくざわゆみこ・さく 

掲載誌
この本読んで!2008年秋号

コメント等

新刊100冊のコーナーに、「ある日、野ネズミ一家の末っ子チッチは、家族やいつも遊ぶ村の動物たちが、誰も相手にしてくれないので、ひとり丘の上へ息、空を見上げていました。やがてモグラさんが呼びに来たのでついていくと、そのわけがわかったのです。」と紹介してくださいました。


紹介された本
しりとりあそびえほん
石津ちひろ・文  荒井良二・絵 

掲載誌
この本読んで!2008年秋号

コメント等

子どもも一緒に、参加型絵本の特集で、「ノミからスタートして、最後はクジラ。ゾウから始まって、最後はハエ。大きくなるしりとりや小さくなるしりとり、春夏秋冬、色にまつわるしりとりがいっぱい! 全部読まずに、ページを選んで使っても楽しい」とご紹介いただきました。


紹介された本
いたずらぎつね
中川李枝子・文  山脇百合子・絵 

掲載誌
曹洞禅グラフ No105 

コメント等

曹洞禅グラフ No105で、詩人の岸田衿子さんが、『数百年もの間、語り継がれてきた昔話は、それだけにとても面白いものが数限りなくあるらしいのですが、独特の言い回しや方言が多く、そのまま読んでも子どもたちに伝わらないことがあります。その昔話の宝の山から、童話「いやいやえん」や、絵本「ぐりとぐら」でおなじみの中川李枝子さんが選び抜いた12のお話を、子どもにも聞き取りやすく、語り口のニュアンスも損なわないように再話された1冊』(一部抜粋)と、丁寧に紹介してくださっています。


紹介された本
子どもと楽しむ行事とあそびのえほん
すとうあさえ・文  さいとうしのぶ・絵 

掲載誌
産経新聞 平成20年5月5日

コメント等

産経新聞(平成20年5月5日)の産経児童出版文化賞の受賞作品の掲載の欄で、『本のつくりが小型でハンディーなのですが、幼い子どもにとっては、この小ぶりであることが、かわいらしい手で本を持ち、描かれた絵をじっくりと見ながら、本を愛するようになる、ひとつのポイントになるように思います。色合いも穏やかでほのぼのと、とてもよい感じです。』(一部抜粋)と紹介してくださっています。